読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ていねいにスラスラと

おかだ式計算プリントシステムの開発者のつぶやき

新聞を読んで世界の見え方が変わった・ベスト3

今年の1月11日は
ゾロ目の日だという以上に
僕には意味がある日だった。

座間宮ガレイさんに新聞の読み方
教えていただいたからだ。

 

座間宮さんは言う。

 新聞を読めと言われることはあっても、新聞の読み方を教えてもらったことはないでしょう?

その通りだ。

 

たとえば
池上彰さんの「新聞の読み方」を
テレビで聞いたり
本で読んだりしたが
僕なんかは
真似しようと思ったって
できるはずがないと思った。

新聞7紙を
20分で目を通す

って言うんですよ
池上さんは。

 

普通の人にできるわけがない。

 

でも
座間宮さん流の新聞の読み方なら
中学生でもできる。

 

いや
小学校高学年でも大丈夫だ。

 

そうして僕は
座間宮さん流の読み方を
ほぼ3ヶ月続けてきた。

 

その結果
世の中の見え方が一変したのだ。

 

一番の変化は

今すぐ日本の原発
すべて止めることは無理だ 

 と諦めがついたこと。

 

二番目は

しかし

同時に
原発を止めて解体することが
日本の緊急の課題でもある

とより一層
はっきりとわかったこと。

 

三番目が

今の日本は
決して平和な訳ではなく
戦時中なんだ 

 と毎日実感するようになったことだ。

 

 

 〜 続きはまた明日 〜

 

==========================

3月8日(土)午前10時〜12時
第3回 新聞+α で世界と自分の関係が読み解けてしまうリモート講座

みなさんにお試ししてほしい
計算力チェックコーナー