読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ていねいにスラスラと

おかだ式計算プリントシステムの開発者のつぶやき

人が生きるのに比較は無用だ

f:id:manabikata:20161121113013j:plain

ぼくの友人で写真家であり
作家でもある久野充敬さんが
本を出した

題して
「シロウトですんません」
三重県桑名市にある
障害福祉サービス事業所<い〜ばしょ>
のドキュメンタリーだ

目次をいくつか引用すると

お金がない
でも何とかなるさ
利用者が三人から
とりあえずお茶にしますか?
半日しか作業をしなかったら
利用者が増えた
恋愛禁止? AKBかよ
もうすぐ60歳だし何とかせんとね

何とも自由である

ぼく自身は三重県から
東京(と言っても三多摩)に出てきて
8年目になるが
東京の人は本当に忙しい

ビックリしたことだらけだ

例えば紹介されて
ご自宅をご訪問させていただいとき
私が玄関に入るやいなや
玄関のドアをロックされた

用心が悪いという話だったが
何だか監禁されたような気分になった

三重県のどこでもとは言わないが
家に人がいれば鍵をかけることは
まずなかった

人が怖い

というのは
まんざら間違いとは言えないが
目が点になったのだ

8年もいると
そんな感覚にも慣れてきたし
人をむやみやたらには
信用しなくなってしまった

それにひきかえ
三重県はのんびりしていて
人へのまなざしが
優しいのだ

そういう風土でも
この本に書かれている
<い〜ばしょ>のような空気を
ずーっと維持することは
並大抵ではないと思われる

人と人がつながる意味が
そこはかと感じられて
心がほっこりする本

一読をおすすめしたい

ところでぼくは
久野さんから直接に仕入れたので
送料込みの値段だったが
出版元であるやどかり出版の
サイトで会員登録すると
送料無料で手に入る

bit.ly

やどかり出版の会員登録なんて
二度と使わないだろうという人は
楽天ブックスでも送料無料だ

おまけにポイントもつく

一方アマゾンではなぜか品切れで
中古本が定価の倍近くで売られている

goo.gl

こういうのを見るたびに
アマゾンなんか使いたくない
と思ってしまう

使うけどね…

久野充敬(くのみちたか)さんのサイト

kunomichitaka.com

<い〜ばしょ>のページ