読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

集中力・処理能力・判断力を鍛えるおかだ式

開発者=岡田康之(おかだやすゆき)のつぶやき

あらゆる人間の予想は間違っているのです

私はテレビで鉄腕アトムを見て育ちました。科学の発達によって素晴らしい世の中が来ると思っていました。科学で何でも解決できる気分でいました。

科学の対象になるのは、物です。どんなに複雑なものであっても、物理学の法則が支配している物で出来ていると思って、物理を勉強することにしました。

大学で勉強すると、純粋な物理の世界でも正確な予想ができるわけではないということがわかりました。例えばニュートンの力学が完全に正しいとしいすれば、太陽と地球のことだけを考えれば、その軌道は完全に予想できます。今から、数千年後、数万年後のある時間に、東京から太陽がどちら側に見えるのかを正確に言い当てることができるのです。

ところが、太陽と地球と火星があるだけで、完全な予想は不可能になります。考え方の方程式を立てることはできるのですが、それが正確には解けないことがわかっているのです。

ニュートン原論の中に「神の一撃によりすべてが始まって、力学ですべてが予想できる」といったことが書いてあると、高校の物理の先生に聞いたのですが、大嘘でした。

予想できるとしても、大雑把なことだけなのです。

そんなことを考えているうちに、そもそも問題の立て方から間違っていることに気がつきました。物理学でこの世界を予想しようとすれば、この世界にある全ての粒子の位置と運動の様子を一度の把握できなければなりません。でも命に限りがある人間には、その粒子を数えることも不可能だと気がついたのです。

そんなことに気がつくのに大学で2年も物理学を学ばなければならなかったのですから、マヌケな話です。

その他にも、太陽だって何年も経てば形が変わるという問題もあります。太陽はものすごい量の核融合反応で発熱しつづけているわけですから。一説によると、数十億年後の太陽は、今の地球の軌道くらいまでに膨らんでくるようです。

その変化は、ニュートン力学だけでは予想もつきません。

そんなわけで、人間のあらゆる予想は間違っていると、私は思っています。