ていねいにスラスラと

おかだ式計算プリントシステムの開発者のつぶやき

人によって難しさは違う


このブログを 宿題をなかなか始めない理由 から読み始めて、次の記事を読まれた方は、「なんだ解決する方法が書いてないじゃないか!」 と思われたことでしょう。

もちろん、すぐに解決する方法はあるにはあります。が、結論だけ先に書くと 「そんな馬鹿な!」 と思われるだけなので、もう少しおつき合いください。


さて 「宿題 ≒ 並盛牛丼しかない吉野屋」 のお話のときに予告した、問題の仕分け方についての注意です。まず宿題を

A=やさしすぎる問題
 問題を少し見ただけでできるに決まっていると思える問題。

B=ちょうどの問題
 2〜3回に1回くらい間違えるか、答えを見て考えれば分かる問題

C=難しすぎる問題
 答えを見て5分くらい考えてもさっぱり分からない問題


に分けるのでした。

そんな風な話をすると、保護者の方が判断することが少なくないのですが、絶対にやめてください。宿題をするのは他でもないお子さんです。お子さんが「難しすぎる」と言えば難しすぎるし、「やさしすぎる」と言えばやさしすぎるのです。

というのも、この判断に正解がないからです。

そもそも、学校の先生であれ、塾の先生であれ、宿題を出す人は「ほとんど子どもができるだろう」とか「これくらいできないとダメだ」と思われているのです。大人である保護者の皆さんは、その判断に引きずられがちです。また、小学校中学年くらいまでの問題なら、大人から見れば、ほとんどA問題です。

でも、

子どもがC問題だと思ったら、その問題はC問題

なのです。

あなたが「いくらなんでも、こんなの朝飯前だろう」と思われても、お子さんにとっては、月面宙返りのようなもの(だと見えている)のです。


何しろ、宿題を仕分けるなんてこと、したことがない訳です。しかも、勉強についてお子さんが自分で何かを決めるということは、ほとんど経験がないと言っても良いでしょう。教科書も宿題も学校や先生が決めることになっているのですから。

それに、問題のランクを A ・ B ・ C などと評価するのは、先生以外にいないでしょう? それを子ども自身が自分でするのです。


初めてすることなので、最初は間違うに決まっているのです。だからと言って、ためしもしないで間違いだと、保護者の人が否定してはいけないのです。


この辺りの事情は、セクハラに似ているかもしれません。