ていねいにスラスラと

おかだ式計算プリントシステムの開発者のつぶやき

早いほうがいい 遅くても大丈夫

どんなことでも
 覚えることはできます



子どもの限らず

大人でも
知らなかったことを
時として
覚えなければならないことが
あります

そして
残念なことに
覚えるのが得意な人と
得意ではない人がいます

先日も
ある生徒さんに
年号とかを覚えるのが苦手なんですが
どうすればいいですか?
と聞かれたのですが
うまい方法はないと答えました

得意な人なら
2・3回読めば
年号を覚えられるのでしょうが
ごろ合わせ等の工夫をしても
なかなか覚えられない人がいることは
間違いないからです


でも
覚える方法はあります

それは
覚えるまで繰り返し
振り返ることです


たとえばあなたが引っ越したとします

最初のうちは
新しい家から駅までの道も
地図を見ながら探すことになるかもしれません

それでも一ヶ月もしないうちに
何にも考えなくても
勝手に歩いていけるようになるでしょう

30回も同じ道を歩けば
目印を気にすることなく
正しく曲がって行けるように
覚えてしまうものです


同じように
30回も確認すれば

 江華島事件を起こしたのは
 1875年9月20日だ

とスラスラでてくるようになるのです


そうです
覚えてしまうまで
繰り返し繰り返し振り返れば
覚えられないことは
この世にはないのです



ただ
覚えることによっては
3回目で覚えられる人と
30回目で覚えられる人と
300回目で覚えられる人がいる
という問題はあるのですが…