ていねいにスラスラと

おかだ式計算プリントシステムの開発者のつぶやき

君子は豹変するのです


まなびばでは
学習したあとで
その日に何をしたのか
どれくらいの時間がかかったのか
どれくらい間違えたのか
といった記録をすることになっています

教室ではもちろん
家で学習したときも
同じように記録をつけます

その記録を見ることで
自分の力のつき方が分かるし
次に何をどれ位すると良いのか
という予測をすることも
できるからです

ところが
勉強というと
何かをすることだと
思い込んでしまった子どもは
この記録をなかなかつけないことが
あります

家ではプリント学習だけして
教室でまとめて記録をつけるのです
それでも週に一回は
ふり返ることになるのですが
学習するたびにふり返るのとでは
大違いです

T君もそういうタイプでした

教室でも
「終わりました」
と言って持ってくるのですが
記録はつけていないことが多く
プリントナンバーは書いていても
時間が書いていなかったり…

ところが今週は
家でもしっかり記録をつけてきました

こういう変化は
だんだん起こることもあれば
T君のように
ある日突然起こることも
少なくありません

「スゴイ成長をしたねぇ」

と言うと
照れていました



          ペタしてね