ていねいにスラスラと

おかだ式計算プリントシステムの開発者のつぶやき

gate と gene 〜 g の読み方 〜

フォニックスについて(3)



gene と gate

前回 jeans を「ジーンズ」と読む
というお話をしました

ジーパンのことですが
日本ではGパンと表します

英語のつづりは j で始まるのですが
 g の名前が「ジー」なので
Gパンと書くようになったのでしょう


日本式ローマ字では
 ga gi gu ge go は
 が ぎ ぐ げ ご
です

英語でも
 g に母音をつけると
「ガ」行の音になることが
少なくありません

 get , gate
などがそうです

 get では母音が一つなので
 e は「エ」と読みます
 
 gate では
子音の t が一つ間にありますが
その後に母音の e があるので
 a を「ア」とは読まないで
文字の名前で「エィ」と読むので
「ゲイト」と読みます

ついでに言っておくと
 t は声を出さない子音で
舌を上の前歯のウラではじいて出しますので
日本語のように母音の「オ」の音は
絶対につきません



ところで
 g があっても
「ガ」行の音にならないこともあります

 giant
  巨人の意味のジャイアン

 gene
  遺伝子の意味のジーン

 gym
  体育館の意味のジム

などがそうです

これは直後の母音が

 i , e , y

の時は
 g +母音 がジャ行(?)になる
というルールがあるからなのです


エッ?
 y は母音じゃないのでは?
と思ったあなたは偉いです

でも
 y はときどき母音になります

 gym では母音ですよね?

この話はまた次回……です


            ペタしてね