ていねいにスラスラと

おかだ式計算プリントシステムの開発者のつぶやき

人生は博打の連続かもしれません


本の学校で何年か学ぶと
できることが良いことで
できないことは悪いことだ
と学んでしまうようです

これを徹底すると

 できそうにないことには
 手を出さない方が良い

ということになります

ところが
現実社会で生きるためには
できるかどうか分からなくても
やってみなければ
何も進まないことが
ほとんどです

選択肢が四つも五つもあって
そのうちどれを選んだら
どんな結果になるのか
などということは
ほとんど分からないままに
どれかを選ばなければならない
締切りが来てしまう

そんなことがたくさんあります


たとえば
今回の東京都知事選挙
告示前日になっても
舛添要一さんや細川護煕さんも
政策があまりにも抽象的で
都政全般について
具体的な政策集を提示できたのは
宇都宮健児さんだけです

この選挙で誰に投票するのかも
私にとっては
判断材料がそろわないうちに
自分の行動を決めるという問題です


そんなわけで私は

 人間として生きる力とは
 どうなるか分からないことや
 失敗するかもしれないことでも
 あえて挑戦する力だろう

と考えています

だからこそ
子どもたちには
すぐには合格できないけれども
やり続ければ合格できるプリントに
できるだけ毎日取り組んでもらいたい
という思いで
「まなびば」を主宰しているのです

                   ペタしてね