読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ていねいにスラスラと

おかだ式計算プリントシステムの開発者のつぶやき

ダメな自分を見つめることが大切です


学校や普通の学習塾では
授業があります

一斉授業であれ
個別指導であれ
何時から何時までと
時間が決まっていて
欠席すればもちろん
遅刻したり早引きしたりしても
その授業の内容を取り返すことは
原則的にはありません


それに対して
まなびばには授業がありません

カリキュラムも
先生と相談した上で
生徒自身が決めるので
休んだりしても
進み方が遅くなること以外には
何の問題も起こりません

それどころか
数日前はおろか
その日に日程をずらすことも
できるようにしています

いわば変更し放題のシステムなのです


もちろん私が
時間にいい加減で良い
と考えているわけではありません

時間を守るのは当たり前で
守れないときには連絡して下さい
と頼んであります

最初から連絡ができる人もいますが
多くの場合は連絡できません

5分10分の遅刻は平気な人が
少なくないのです


そんなときに
強く言って時間を守らせると
強く言われないと
時間が守れない子どもに育ってしまう
可能性が大きくなります

そこで
大きな声でおどかしたり
罰を与えることなく
時間が守れるようになってほしい
と考えています


それは
「私は時間が守れない人だ」
と自分で分かることから
始まります


自分の弱点を
しっかりとつかむことで
初めて前へ歩み始めることが
できるようになるのです


                      ペタしてね