読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ていねいにスラスラと

おかだ式計算プリントシステムの開発者のつぶやき

英語の発音は日本語の発音とは別物です

英語の学び方 (1)


英語が苦手な場合
その理由はさまざまでしょう

日本語といろいろと違いがあるからです


まず発音がまったく違います

日本語の一つ一つの音には
ほとんどみんな
「あ」「い」「う」「え」「お」が含まれています

長く伸ばすと
「あ」「い」「う」「え」「お」の
どれかになるでしょう?

たとえば
「た」の音をずーっと伸ばすと
「あ」になります


日本語の「た」を
ローマ字では ta と書きます

ローマ字の a は「あ」と読と読みますから
 t は「た」から「あ」をとった音です

上の前歯の裏に舌をつけて
声を出さずに息だけではじいて
トゥ」と言うと
 t  の発音になります

その「トゥ」に「あ」をくっつけると
「た」になるので ta と書くのです

「トゥ」に「あ」「い」「う」「え」「お」をつけると
「た」「てぃ」「とぅ」「て」「と」
といった感じの音になります

「てぃ」「とぅ」も
ふつうの日本語では使いませんが
英語ではよく出てきます

さらに t だけの音もよく出ます

たとえばネコの意味の cat では
前の ca は日本語の「キャ」とほぼ同じで
最後の t は声を出さない「トゥ」ですから
「キャット」といった感じになり
最後は日本語にはない音です

日本語の音は
伸ばすと「あ」「い」「う」え」「お」になるのが普通ですから
英語の先生でも cat の最後に「お」がついて
声を出してしまう人もいるくらい
日本語をしゃべる人には
英語の発音は難しいのです

まぁ
 cat の最後で声を出したとしても
英語として伝わるのですが…



  続きはコチラを ⇒ クリック
                                           ペタしてね