読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ていねいにスラスラと

おかだ式計算プリントシステムの開発者のつぶやき

人間のしつけは犬のしつけとは違います


まなびばのプリントを学習するときに
最初にすることは名前と日付を書くことです

教材がプリントなので
名前を書いていないと
誰がしたのかが分からないし
日付を書かないと
いつやったのかも分かりません

またプリントをするのに
かかった時間を計ります

プリントが終わったら
答あわせをして
ミスを直します

そうして
かかった時間とミスの数を記録して
学習が終わります

公文式などでは
答え合わせも先生の仕事ですから
プリントが終わればお終いなのですが
まなびばでは
準備から後始末までが
生徒の仕事です

どうしてそんな風になっているかというと
記録を見ながら振り返り
次にどうするのかを考えるのが
とても大事だと思っているからです

誰がいつ何をして
どんな結果だったのか
というデータがなければ
まなびばの教室では
肝心な話ができません

ですから
名前と日付を書くのが大切なのですが
それだけではありません

名前と日付を書きながら

  よーし
  今日も心をこめて
  プリントに取り組むぞ

という心の準備をしてほしいのです

準備 ⇒ 実行 ⇒ 振り返り ⇒ 後片付け ⇒ 準備

という繰り返しがない学習は
調教に近いと思っているからです