読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ていねいにスラスラと

おかだ式計算プリントシステムの開発者のつぶやき

ケアレスミスは注意しても減りません


ケアレスミスというのは
英語の careless mistake
を略した和製英語です

careless は「不注意な」
という意味です

care が「気にかける」
less が「より少ない」ですから
careless というのは
気にかけることが足らなかった
ということになるでしょう

mistake は「間違い」
という意味ですから
carelss mistake は
「注意不足で間違えた」
とか
「うっかりして間違えた」
ということだと思われています

そこで
ケアレスミスがあると
注意してやりなさい
などと言われがちです

でもそれは本当のことでしょうか?

少なくとも私が知る限り

 ケアレスミスがあったから
 次は注意しようね

と言うだけで
ミスが減ることは
滅多にありません


ケアレスミスの原因は
「注意しなかったから」
であることは少なくて
主な理由は二つではないか
私は考えています

 1.そもそも注意の仕方が分からない
 2.そもそも学力が不足している

この二つが原因だとすると
気持ちでいくら注意をしても
ミスが減らないのは
当たり前のことでしょう

                                             
ペタしてね