読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ていねいにスラスラと

おかだ式計算プリントシステムの開発者のつぶやき

算数・数学の問題は変なものが多いのです

   〜 「勉強」と「学習」は同じではありません 〜 その9



算数・数学の問題では
ふつうに考えると
おかしな問題が
よく出されます

有名なつるかめ算などは
その典型でしょう

  鶴と亀をあわせて
  頭の数は10
  足の数は32本だとすると
  鶴と亀はそれぞれ
  どれだけいますか?

という問題です

鶴の足か亀の足かも
鶴の頭か亀の頭かも
わざわざ数えるまでもなく
見れば区別がつくので
そもそもそんな問題を
考えるはずがないのです


もともと算術が好きな人が
趣味で考えだした問題です

暮らしの中で
同じように考えて
解ける問題に出会えることは
滅多にないでしょう


そんなわけで
算数・数学の勉強が
学習になるとすれば
その内容ではないだろう
と私は考えています

  〜 つづく 〜


                         ペタしてね