ていねいにスラスラと

おかだ式計算プリントシステムの開発者のつぶやき

積み木は順番に積む方がいいのです


数学の文章問題が苦手だ
という相談を受けることがあります

普通に考えると
文章から方程式を作れない
ということなのでしょう

でも
そういう相談を受けたとき
お子さんの半分くらいは
方程式が上手く解けないのです

簡単な方程式は解けても
少し複雑になると
解けないことが多いのです


少し複雑な方程式が解けないのは
いろいろな理由が考えられます

 1 方程式の解き方があまい
 2 文字式の計算があまい
 3 正負の計算があまい
 4 分数の計算があまい
 5 わり算の計算があまい
 6 かけ算の計算があまい
 7 ひき算の計算があまい
 8 たし算の計算があまい



実は
ひき算の筆算が
スラスラと正確にできない中1の生徒は
少なくとも3分の1くらいはいます

もしたし算で引っかかっていれば
ひき算もかけ算もわり算も
あやしいところがありますから
分数はもちろんあやしくて
少しむずかしい方程式は
2回に1回程度は間違えてしまう
ということになります


そんなわけで
方程式が苦手な中学生には
小学校の計算がどれくらいできるのか
を確かめて
分かるだけでなく
できるところまで
しっかりと学びなおすことを
おススメしています


                                              ペタしてね