ていねいにスラスラと

おかだ式計算プリントシステムの開発者のつぶやき

福島の相馬双葉漁業協同組合へ義援金を届けます


協同組合旭通り商店会では
相馬双葉漁業協同組合との交流と
支援活動を継続しています


未曽有の東日本大震災に際し
協同組合旭通り商店会では
義援金を集めてきました

当初は赤十字などを通じて
義援金を送ることを考えていましたが
義援金の配分をめぐって
さまざまな問題が見えてきたので
ご縁のあった相馬双葉漁業協同組合に
直接お渡しすることになりました


震災から2年半余りが過ぎましたが
漁業の復興については
まだその見通しを立てることも
むずかしいのが現状です

爆発事故による放射能汚染のため
まだ本格的な操業も
はじまっていません


本年9月25日から
相馬双葉漁業協同組合は
40〜50キロ以上沖合での
試験操業を再開し
10月11日には
沿岸部の試験操業を再開し
約50隻がシラス漁をしました ⇒ シラス漁の記事はコチラ
 

一方で
汚染水漏れ事故が


10月25日には
旭通り商店会の代表4人が
集計できた義援金を手に
相馬双葉漁業協同組合の皆さんと
交流を深めてくる予定です


そこで見聞きしたことを
皆さまにもご報告しつつ
これからも引き続き
義援金を募り続けています


  義援金を出しても良いという方は
  まなびばまでご連絡をいただけると
  うれしいです


                                              ペタしてね