ていねいにスラスラと

おかだ式計算プリントシステムの開発者のつぶやき

火事場の馬鹿力は実力ではありません


10月になると
中学校や高校では
テスト期間に入りますね

子どもは
テストがないと勉強しない
と言う人が多いようですし
そう言われても仕方のない
子どもたちも確かにいます

けれども
かつて進学塾で
数学や物理を教えた体験からして

 テスト直前の対策は
 ほとんど定着しない

というのが私の実感です


進学塾のウリは
テストの点数を上げることですから
テスト対策はするのが当たり前でした

学校の授業の進度さえわかれば
テストにどんな問題が出るのかは
見当がつきます

まったく同じ問題を予想することは
ほとんど不可能ですが
同じような問題をいくつか用意することは
それほど難しいことではありません

同じ内容の問題を
三種類ぐらい用意して
試験前に演習をさせては
細かいところまで解説すれば
そこそこの力を持った生徒なら
テストで同じ内容の問題が出れば
多少ひねられても解けるようになります

このような対策をすれば
本来の実力より10点くらい
テストの成績を上げることは
それほど難しいことではありません

学校の授業を受けて宿題をこなし
自分だけで対策をして
自分だけの実力で受けるよりは
成績が上がるので
良いことだと思ってやっていました


ところが
こういう直前の試験対策は
いわば火事場の馬鹿力であって
本来の力ではないので
2週間もすると効力がなくなります

というのも
テストが終わって
2週間くらいたった授業で
まったく同じ問題を演習させたことがあるのですが
テスト前にはほとんどの生徒が
できるようになっていた問題なのに
半分近くの生徒ができなくなっていたのです

テストが終わっても
しっかり覚えていた生徒は
テスト対策をしなくても
できていたような子どもばかりです

即効性のあるテスト対策というのは
その効力も即効消えていく
と考えた方がいいのでしょう

                            ペタしてね