読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ていねいにスラスラと

おかだ式計算プリントシステムの開発者のつぶやき

答を見て考え学ぶ


数字がスラスラと書けるようになっても

 3+1=

の答が 4 だと
すぐにわかるわけではありません

どれほど勘のよい子どもでも
足し算を習っていなければ

 □+1= 

の = の後には
□の次の数を書けばよい
とわかるわけがないのです

もちろん
プリントには
いくつかのヒントが
隠されてはいますが
気づく子も気づかない子もいます


でも
気づかない子にも
私は教えません

「どうすればいいの?」

と聞いてきたら

「プリントの裏に
 答があるから見て考えて」

と言うのです


もちろん

 3+1=4

と書いてあるので
子どもは「4」と書きます

次の問題は

 5+1=

なので
勘のいい子どもなら「6」と書きます

わからない子どもには
もう一度答を見るように言います

そうして3〜6問も答を見れば
ほとんどの子どもが
「+1=」の意味を悟ります


このようにして
答ではなく
学習の仕方と
教材の仕組を伝えるのが
私の仕事の一つなのです

                            
ペタしてね