読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ていねいにスラスラと

おかだ式計算プリントシステムの開発者のつぶやき

問題を解くより答え合わせを大事にする理由


6歳でも3歳でも
人はそれなりに
この世界がどんなものか
という感じを抱いています

この感じが
一人ひとりの世界観です

もちろん世界は
一人の人がつかみ取れるほど
わかりやすくはないし
小さくもありません

生きるということは
その世界とかかわりを持つことなので
生きている限りは
知らなかったこの世界の一部と
出会い続けることになります

それは
わかっていると思っていたことが
実はあやしかったとわかることであり
世界観が少しずつ広がっていくことです

それがうまくいくためには
あやしいと感じたことを
よく見て考えることが大切です



大阪生まれの私は
納豆が食べ物だとは知っていましたが
食べたことはありませんでした

匂いをかいでも
糸を引く有様をみても
食べる気にもなりませんでした

それが劇団に入って
いろいろな人に招かれるようになり
食事に納豆が出されると
食べないわけにはいきません

そこで
覚悟を決めて
食べてみたのですが
とてもおいしいとは思えませんでした

相手の方はおいしそうに食べているので
その場ではがんばっておいしそうに食べましたが
とてもつらい体験でした

その後
劇団のメンバーに相談して
卵焼きに入れたり
チャーハンにしたりと
いろいろ挑戦してみましたが
やっぱりダメでした


いまだに私には
食べ物だと思えない納豆ですが
おいしい人たちもいるという事実は
ちょっと驚きでした

同じ人間なのに
こんなにも違うのかと


しかし
よく考えてみると
食べ物の好き嫌いは
誰にでもあるわけです


私の父は
私が好きなゴボウが
食べられません

私の妻は
納豆が大好きです



一人ひとりの人の間には
ものすごく大きな感覚の違いがある
というのは当たり前の事実です

でもそれを
心から納得することは
少なくとも私には
優しいことではありませんでした

人間というものは
少しずつしか
この世界がわからないものだ
と思うのです

わかるためには
考えては実験してみて
結果をみて考えて
また実験して
また結果をみて考える
という繰り返しが
学ぶということなのだ
と思うようになりました

そんなわけで
まなびばでは
答あわせをすることを
大切にしているのです

                            
ペタしてね