読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ていねいにスラスラと

おかだ式計算プリントシステムの開発者のつぶやき

困ったところから本気になれる

☆ シリーズ 学ぶ人 3

  落合 一民 さん (旅行会社カイラス・54歳)  〜 その3 〜


ご自身の心に
正直に生きたいという思いから
一人で旅行会社を始められた落合さん

今度は
何を仕事にするのかも
どういう風に進めるのかも
経験もあったところから
独立されたわけですが…


岡田:
仕事は手の内に入っていて
ある程度のお客さんもいたわけですから
独立するとしても
それほどご不安ではなかったんでしょう?

落合:
そんなことはありません

最初は仕事になるのかどうかが不安で
夜も眠れない日が続きました

岡田:
軌道に乗るまでは
ご苦労されたんですか?

落合:
やってみると何とかなりましたし
それまでの会社の枠を超えた仕事も
少しずつできるようになり
『なんとかイケそうやなぁ』
と思うようになりました

岡田:
順風満帆やったわけですね

落合:
始めのうちこそ
まじめにスーツで仕事をしてたんですが
だんだん慣れて調子に乗って
ラフな格好で仕事をするようになって
今では
「仕事か遊びかわからへんなぁ」
と言われるようになってきました

岡田:
スゴイやないですか

落合:
でも最近になって
このままの延長ではヤバイ
という雰囲気になってきましてね

岡田:
そうですか

落合:
まじめに営業もし
新しい企画も考えて
しっかり仕事をしようと
気持ちを新たにしたところです

岡田:
手放しの安心なんて
この世にはないってことですかねぇ

落合:
そういうことですね



  (おわり)

   ▲おちあい かずのり さん▲