読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ていねいにスラスラと

おかだ式計算プリントシステムの開発者のつぶやき

好きなことが仕事になるも悪くない

☆ シリーズ 学ぶ人 3

  落合 一民 さん (旅行会社カイラス・54歳)  〜 その2 〜


貿易会社をやめた後
生まれて初めて職安の門を叩いた落合さん

でも職安で探した仕事ではなく
それまでの人間関係から
上司と会社を立ち上げられました


岡田:
どんな会社だったんですか?

落合:
上司がやりたいという
インテリアの会社でした

ぼくはいちおう営業経験があるので
外回りを担当したんですが
畑も違うし営業力もなかったんで
給料どころでなくなったんです

岡田:
それでまた仕事探しですか

落合:
同じように
昼飯でも食べよか
みたいな所から
うちの旅行会社を来ないか?
という話になったんです

岡田:
結局は好きなことを
仕事にすることになったわけですね

落合:
そういうことですね

岡田:
今度はうまくいったんですか?

落合:
はい

岡田:
うまくいっていたのに
独立されることになった理由は
どんなことやったんですか?

落合:
まぁささいなことで
上司とケンカしたんですよ

岡田:
やっぱり正義漢ですか?

落合:
いやぁ
単なるワガママでしょ

岡田:
その後
今のお仕事を始められんですよね

落合:
ありがたいことに
私が担当のお客さんとは
独立後もおつきあいさせて
いただいています

岡田:
好きな仕事を
ご自分が考えで
貫き通そうということですね

落合:
そんなカッコウのいいことでは
ありませんが…


   ▲おちあい かずのり さん▲


   その3へ ⇒ ☆