ていねいにスラスラと

おかだ式計算プリントシステムの開発者のつぶやき

脳の使い方は上手になれます


学校の成績が下がってきたら
原因はいくつもあるでしょう


でも
そのうちの一つは
脳の使い方にあるかもしれません


人間の脳は
ものすごい力を持っています

まず
重い障害がなくて3歳以上ならば
誰でも自分の足で走ることができます

これはすごいことなのです!


あの世界のホンダが
二足歩行ロボットの開発を始めたのは
1986年のことでした

完全に自立して
歩けるロボット「P2」ができたのが
1997年ですから11年かかったのです

さらに姿が人間に近づいて
人と手をつないだりできる
初代アシモができたのは2005年

両足や片足で跳び
走れるようになったのは2011年

実に25年もの歳月が
必要だったのです


それほど大変な「走ること」を
人間はいとも簡単にしながら
こんばんの晩御飯のことを考えたり
明日の計画などを考えることもできます

走ることにも脳はフル回転しているはずですから
一度に二つも三つものことをする力を
私たち人間の脳は
そなえているのです


その力を伸ばすお手伝いが
まなびばの得意分野なのです




※ 二週間に一度くらいのペースで
  メールマガジンを発行しています
 ● お申し込みは 
⇒ コチラから