読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ていねいにスラスラと

おかだ式計算プリントシステムの開発者のつぶやき

私は「今でしょ」とは言いません


まなびばの指導が
他の学習塾と違うのは
まず最初に
生徒さんの実力を
ありのままに見つめること
から始めることでしょう

中でも重視しているのが
計算力です

集中力と処理能力が
一番よく見えるからです

実力を測る基準は
やり方がわかっているかどうか
ではなく
スラスラと迷うことなくできるか?
そして
できた結果が正確であるか?
です


特別に重い障害がなければ
日本で何年か暮らしていれば
それなりの日本語を
迷うことなく話せるでしょう


「今晩は何が食べたい?」
「ハンバーグかな」

といった話をするのと
同じくらいラクに
計算ができるかどうか
をまず見るのです

すると
中学生や高校生はもちろん
会社の社長さんでも
くり下がりのある引き算で
つまづいていることは
珍しくありません

中学生や高校生はもちろん
普通の大人はたいてい
考え考えでなければ
かけ算の筆算が
できません

言い換えれば
くり下がりのある引き算や
かけ算の筆算が
スラスラと正確にできなくても
人間としてダメなわけではありません

それどころか
社会人として
立派に通用するのです


でも
今できないことが何かがわかり
それができるようになりたい
と思ったらどうすれば良いのか

私なら
そのいちばんスムーズな道筋を
示すことができます

あとは
それをするのか?
それともしないのか?



もし私の提案にのって
相談しながら学び続ければ
受験勉強はもちろん
したことがないことや
今はできないことに
あきらめずに挑む力が
だんだんと育っていきます

そんなわけで
まなびばでは
定期テスト対策は
単なるオマケです

受験生であっても
鉢巻を巻いてお尻を叩く
なんてこともしません

そんなことよりも
今できないことから逃げずに
できないなりにやり続けることの方が
はるかにむずかしいし
それを求め続けるが私の仕事だ
と考えているからです

そんな風に学んだ数多くの生徒たちが
その人にふさわしい進路を
切り開いてきたからです


ですから
私は
某予備校の先生のように
「今でしょ」などとは
決して言いません



どうするかは
私ではなく
あなたが決めることだ
と思っているからです




※ 二週間に一度くらいのペースで
  メールマガジンを発行しています
 ● お申し込みは 
⇒ コチラから