ていねいにスラスラと

おかだ式計算プリントシステムの開発者のつぶやき

国立の街にメロディーを


☆ シリーズ 学ぶ人 2

  荻尾 雄二 さん (ムサシ楽器・41歳)  〜 その3 〜



ムサシ楽器の社員になり
当然のように
商店会・商工会青年部の活動に参加された荻尾さん

そこで出会った青年会議所の方から
大きな衝撃を受けたそうです

商店会・商工会の活動は
会員さんからの会費に加えて
補助金などの資金もありますが
青年会議所は会費だけで運営されています

しかもその会費は
商店会の会費よりもうんと高いのです

自分たちの身銭を切って
活動されているせいか
ものの見方も本質を見据えていると感じた
と荻尾さんは言われます


岡田:
青年会議所の皆さんは
メンバーになるときから
意識が高いのですか?

荻尾:
仕事の関係や以前からの人間関係で
いわゆる「しがらみ」で
青年会議所に入れられるのが
普通でしょうね

私のように自分から入りたいというのは
どちらかと言えば少数派です

それでも
勉強会や企画を繰り返していくうちに
だんだん世の中全体をみて
何が大事なのかを考えることが
増えていくように思います

自分の会社や仕事の発展を
求めるのは当然ですが
街づくりや人づくりも
とても大事で
回り回って自分のところに
戻ってくれば感謝する
くらいで良いのではないでしょうか

岡田:
青年会議所は卒業されましたよね

荻尾:
はい
40歳までですから

岡田:
それでも
青年会議所の心は生きている…

荻尾:
そうですね

今は商店会で
月に一回のコンサートを開こう
と準備を進めています

国立駅ができた
1926年(大正15年)に
わがムサシ楽器から歩いて数分のところに
野外音楽堂ができました

同じ年に東京高等音楽学院が移転し
国立のまちは自他共に認める
音楽があふれる素敵な街並でした

今は音楽堂も音大もなくなりましたが
国立の市民が
月に1回だけでもあの頃のように
優雅に音楽を聴けるようにしたい
という思いからの企画です

岡田:
お仕事のつながりとして
何か考えていらっしゃるのですか?

荻尾:
ムサシ楽器としてできるのは
会場にピアノを運び調律して提供する
ことくらいです

このコンサートが実現できたからといって
ピアノが売れることはないでしょう

私にとっての商店会の活動は
仕事ではなく生活の一部
と言ってもいいかもしれません

国立の街が
今以上に音楽にあふれ
人々が集う楽しい街になればいいなぁ
と思っているのです

  (おわり)





※ 二週間に一度くらいのペースで
  メールマガジンを発行しています
 ● お申し込みは 
⇒ コチラから