ていねいにスラスラと

おかだ式計算プリントシステムの開発者のつぶやき

急激な変化より小さな変化を大切に


まなびばで学習する手順は

 1.やってきた宿題とその記録を先生に見せる
 2.先生と相談して学習するプリントを決める
 3.プリントに取り組む
 4.答を見て採点する
 5.ミスがあったら答を見ないでやり直す
 6.全部正解になったら記録をつける
 7.次にまなびばに来るまでの宿題を決める
 8.プリント棚から自分でプリントを取ってまとめる

というものです

教室では
一応私の目があるので
何とかできても
家で同じようにできる子どもは
ほとんどいません

大人の生徒でも
毎日できなかったり
固めてやったり
答えあわせはしても
ミス直しをしなかったり
ミス直しはしても
記録をつけなかったり
いろんな癖があります

全部ていねいにしても
10〜20分で終わることが
なかなかしっかりできません

固めて答あわせをしていた子どもが
一回一回答あわせをするようになったり
×だけつけて
ミス直しをしなかった子どもが
ミス直しをするようになったら
ものすごい進歩なのです

ささいな進歩を
見逃さないようにしたい
と思っています



※ 夏休みをどう過ごすかの相談会をします
 ⇒ くわしくはコチラ