ていねいにスラスラと

おかだ式計算プリントシステムの開発者のつぶやき

中学受験の勉強は2年も必要ないでしょう


ある程度の偏差値の
中学受験をするために
進学塾を利用するのなら
小4の4月からが
今では標準的であるようです


10年ほど前なら
小5の4月からで十分でした

この10年で
それほど入試のレベルは
上がっていません

力の5000題とか
応用自在といった
定番の受験参考書を
しっかり身につければ
たいていの中学に合格できる
という事情には
ほとんど変化はないからです


ではどうして
2年でできた受験勉強を
3年でするようになったのかと言えば
進学塾のカリキュラムの組み方だろう
と私は思っています

同じことを説明するとしても
いくらでも丁寧にできるので
いくらでも時間をかけることも
できるからです


もちろん
勉強する期間を延ばしても
身につけるべきことを
身につけられる子どもの数が
それほど増えるわけではありません

どうしてかと言えば
どれだけ長い間一生懸命練習しても
誰でもオリンピックに出れるわけではないのと
同じ理由です

受験勉強に向いている子どもと
受験勉強に向いていない子どもは
確かにいるのです



※ 二週間に一度くらいのペースで
  メールマガジンを発行しています
 ● お申し込みは ⇒ コチラから