ていねいにスラスラと

おかだ式計算プリントシステムの開発者のつぶやき

人間に見えているのは偏見です


おそらく誰もが
この世の真実を知りたい
と思って
学んだり考えたりする
のではないでしょうか

ところが一人の人間が
見ることができることにも
考えることができことにも
必ず限界があるので
「この真実」など
手にすることはできないのです

 限りなく正しい
 と思えていることであっても
 それも主観的な偏見であり
 単なる先入観だ
 くらいに考えておくのが
 ちょうどいい

と私は思っています





※ 二週間に一度くらいのペースで
 メールマガジンを発行しています
 お申し込みは
 ⇒ コチラから