ていねいにスラスラと

おかだ式計算プリントシステムの開発者のつぶやき

原爆は落ちてはいません

原爆ドーム


歴史を勉強していて
おもしろいことの一つは
ふつうに使っている言葉が
おかしいことに気づくことです


たとえば「終戦」

言葉通りに取れば
戦争が終わった
ということですが
戦争は終わるものではなく
勝ったり負けたり
引き分けだったりするものでしょう


真珠湾攻撃は「開戦」です

どう考えても「敗戦」でしょう

また
「原爆が落ちた」
というのも変です

アメリカ軍が落としたのであって
地震で棚から本が落ちたのとは
まったく意味が違うのに
「落とされた」
という人は少数派です

どうして「終戦」であり
「原爆が落ちた」というのか
を考えると
歴史がおもしろくなるのです


※ 2週間に1度くらいのペースで
メールマガジンを発行しています

●お申し込みは ⇒ コチラから