ていねいにスラスラと

おかだ式計算プリントシステムの開発者のつぶやき

計画倒れになりにくい計画の立て方

計画


ふつうの学習計画は
「○月△日に□ページから▽ページまでする」
といった形が多いようです

こういう計画は
たいてい途中で挫折します

というのも
たとえば問題集1ページをするのに
10分とか30分とか計画を立てても
その通りに終わらないことがあるからです

予定より早く終われば
まだいいのですが
予定の2倍も3倍も
多くの時間がかかるると
アッという間に計画は
ガタガタになってしまいます


私が学習計画の立て方を聞かれたら
たいてい最初に
「一日に何分できますか?」
と聞くことになります

そして
「1日に30分数学をする」
といった具合に約束するのです

30分やれば
1ページしか進まなくても
20ページ進んでも
今日の分はおしまい
という計画であれば
問題はやるかやらないか
だけになります


一ヶ月くらい学習したら
その結果をみて
受験まで間に合いそうにもない
ということがわかれば

「1日30分を1時間か1時間半に
 時間を増やしてみない?」

と提案するのです



※ 2週間に1度くらいのペースで
メールマガジンを発行しています

●お申し込みは ⇒ コチラから