ていねいにスラスラと

おかだ式計算プリントシステムの開発者のつぶやき

できる人にしか話せない話

りんご


まなびばで使っているプリント教材は
解説がほとんどありません

ルールが伝われば
ほとんど説明しなくても
それなりにできるように
作られているのです


このプリントが
何とかできただけでは
理解できないことが
まだまだ残っています

何度も繰り返し
同じプリントに取り組んで
スラスラできるようになれば
その内容を使いこなせるようになります

そうなってはじめて
かなり深い話ができるようになるのです


たとえば
  1+2=3
ということになっています

算数の計算問題なら
それで正解です

でも実際には
 1+2=3
になるのはむしろ
例外だ
と思っておいたほうがいい
といった話ができるようになります

「リボン1メートルと
 リボン2メートルを足すと
 リボン3メートルになるわけだけど
 『足す』の意味が
『つなぐこと』なら
 縫いしろがいるので
 足しても3メートルにはならないよね」

「りんごの紅玉1個と
 富士2個で
 りんご3個と言えるけど
 りんご3個と言うだけでは
 紅玉3個のときもあれば
 紅玉2個と富士1個
 かもしれないよね」

といった具合です


こういう話を
「1+2=3」が当たり前だ
と思えていない子どもにしても
ほとんど何も通じません


あることがらを理解できるためには

その前提になっていることは
当たり前にできることが
不可欠です

そんなわけで「まなびば」では
わかる前にできることを
大事にしています


※ 2週間に1度くらいのペースで
メールマガジンを発行しています

●お申し込みは ⇒ コチラから