ていねいにスラスラと

おかだ式計算プリントシステムの開発者のつぶやき

子どもの意見を大事にできるのは

道しるべ


自分から行動できる人になってほしい
という願いからなのかもしれませんが
子どもの意見を聞きすぎる方が
ときどきいらっしゃいます

15歳くらいまでの子どもたちは
論理的な思考をもとに
自分の行動を決めることは
それほどありません

話の内容も
コロコロ変わったりします

その時の気分や
周りの雰囲気から
なんとなく
何をするのかを
決めているようです


そんな相手の言うことを
すべて真に受けていると
その時の気分や雰囲気に
流されてしまうばかり
ということになるでしょう


最低限の条件をもって
それだけはしっかりと守り
その上での適当なさじ加減を
臨機応変にすることが
子どもの道しるべたる
大人の役割なのではないか
と思うのです

それができるのは
単にものわかりが良い大人ではなく
はっきりした生き方を後ろ盾にもって
ふところ広く人の話が聞ける人
ということになります



 メールマガジンを発行しています
  ●お申し込みは ⇒ コチラから