ていねいにスラスラと

おかだ式計算プリントシステムの開発者のつぶやき

イヤイヤやると力はつきにくい

よじ登る


まなびばのプリントは
一枚一枚の学習時間が決まっています

学習時間が10分とあれば
10分でミスが2・3個までできれば
スラスラとできると考えていいので
そのプリントは合格です


最初はもちろん
10分でできなくてもかまいません

15分でも20分でも
時間がかかってもいいのです

答を見ながらでも
やり方がわかればいいのです


ただし
時間がオーバーしたり
ミスが4個も5個もあれば
次の日も同じプリントに取り組むのが原則です

続けて取り組めば
必ず合格できる日がやってきます


ミスを減らすのは
それほどむずかしくありませんが
時間を減らすのが
大変なことがあります

学習時間が10分のプリントに
最初15分かかったとしても
始めのうちは4・5枚で合格できます

ところがまなびばで学んでいると
半年もしないうちに
14分13分12分と順調に縮まっても
そこからなかなか変化しないプリントと
出合うことになるのです

そうなったときに私は

「良かったねぇ
 カベにぶつかれて」

と言います


こういうカベにぶつかると
12分 → 12分 → 11分 → 12分 と
一進一退を繰り返しますが
ある日突然に
9分でできる日がやってくるのです

学力は飛躍してついていくからです


たいていの人は飛躍すると喜びますが
私はそれほどうれしくはありません

飛躍しても
力がついたことが確認できた
と思うだけだからです

本当に力がついたのは
合格できずに11分・12分と
時間がオーバーしていたときだからです


そうです

カベに向き合っているときが
本当にいいときなのです

ですから私は合格できそうにないときに
「今日も合格しないからいやだなぁ」
という重たい気持ちではなく
「今日も合格できないと力がつくぞ」
と思って明るい気持ちで
まなびばのプリントに取り組んでほしいのです


というのも
「いやだなぁ」
と思って取り組むと
力のつき方が
ウンと遅くなるからです
 



※2週間に一度くらいのペースで
 メールマガジンを発行しています
  ●お申し込みは ⇒ コチラから