ていねいにスラスラと

おかだ式計算プリントシステムの開発者のつぶやき

なかったことにはできません

目覚まし


自分で日時を決めておいて
その時間を守らない人がいました

携帯に電話をすると
留守番電話でした

忘れていることもあるでしょうから
伝言を残します

次の日になっても返事がないので
もう一度電話をします

今度は呼び出し音だけで出ません

三日目も四日目も
なしのつぶてです


一日二日なら
何かあったのかなぁ
と心配にもなります

でも四日も過ぎると
心配よりあきれる気持ちが
少しずつふくらんできます


それまでの人生の経験から
自分の都合でなかったことにしても
許されると思われているのでしょう

許されているのではなく
「あの人はそういう人だ」
と見限られたのかもしれないのに
そういう想像はできないのかもしれません


さびしいことです




※2週間に一度くらいのペースで
 メールマガジンを発行しています
  
●お申し込みは ⇒ コチラから