ていねいにスラスラと

おかだ式計算プリントシステムの開発者のつぶやき

できていない感覚 できている感覚

計器


私が言うのも変ですが
まなびばで使っている教材は
なかなかレベルが高いのです

公文式で分数をやっているという小学生に
ためしにやってもらったら
かけ算・わり算の筆算はおろか
ひき算の筆算がクリアーできませんでした

教材の基準は
「引っかからずにスラスラできる」
であって
急がないとできないレベルではありません

ゆっくりていねいに書いても
十分にできる基準です


先に進むことが
主なねらいになると
評価が甘くなるのかもしれません

きびしい基準で「できている感覚」を持てば
「できていない感覚」もきびしくなります

「できていない」とわかるから
できるようになりたいという
内側からの動機づけも生まれる
と私は考えています

ですから
「できている感覚」を
研ぎ澄ましたいのです



※2週間に一度くらいのペースで
 メールマガジンを発行しています
  ●お申し込みは ⇒ コチラから