ていねいにスラスラと

おかだ式計算プリントシステムの開発者のつぶやき

3号機は水素爆発ではないと思う理由

原子炉


一昨年の3月11日に大震災が起こり
12日には
福島第一原子力発電所の1号機が爆発しました

15日には3号機も爆発しました

どちらも水素爆発だ
ということになっていますが
私には信じられません

1号機の爆発と
3号機の爆発は
まったくようすが違うからです



1号機は
横方向に白い煙が広がっているので
建屋の上の方にたまった水素が爆発した
と言われれば
そうかもしれないなぁ
と思えます

でも3号機は
だいだい色の炎が出てから
空に向かって真っ黒な煙が
まっすぐに上っています

建屋の上にたまった水素が爆発したのなら
1号機と同じような爆発になるはずでしょう


では3号機の爆発は
どういう爆発だったのでしょう

3号機の使用済み燃料プールが
めちゃくちゃに壊れていました


 
格納容器が爆発したのなら
今以上のものすごい量の放射能が出て
福島第一では誰も作業できなくなっていたはずなので
格納容器は大きく壊れてはいないはずです

だとすれば
爆発は使用済燃料プールで起こったのでしょう

密封されていないプールに
空気よりはるかに軽い水素が
たまって爆発するとは
私には考えられません


もう一つ
水素爆発ではないと思える理由は
きのこ雲が上がる前に噴出した
だいだい色の炎です

炎の色は
化学反応した物質の種類か
温度で決まります

水素が燃えても
だいだい色にはなりません

水素爆発でだいだい色の炎が出た
というのなら3000℃くらいに
なる必要があります

ところが
水素が大気圧で燃えても
せいぜい
2500℃にしかなりません

水素爆発では
あんな色の炎は
出るはずがないのです


というわけで
3号機の爆発は核爆発だった
と私は思っています


とても不思議なのは
これまで公式に発表された
4つの事故調査委員会のすべてで
水素爆発だとされていることです

大学二年程度の物理の知識しかない私でも
3号機の爆発は水素爆発ではありえない
と思えるのに…


どうして
本当のことを調べないのでしょうか?

どうして
そんなこともごまかしているのに
事故対策ができる
と思えるのでしょうか?

どうして
物理学者の皆さんは
こういう疑問を出したり
ちがう解釈を提出しないのでしょうか?

どうして
原発とかいっている
学者さんも
ほとんどの人は
水素爆発だと言うのでしょうか?

どうして
ジャーナリストという人たちが
これくらいのことも
考えて報道しないのでしょうか?

どうして
自民党公明党民主党はさておき
社民党共産党までもが
その疑問を抱かないのでしょうか?


私にはわかりません