ていねいにスラスラと

おかだ式計算プリントシステムの開発者のつぶやき

罰などいりません


 〜 体罰をめぐって 〜 (5)

お地蔵様


私は体罰に限らず
罰を与えることで
生徒の考えを変えようとは
これっぽっちも思っていません

私がいいと思っていることは
私の好みであり
生徒がいいと思っていることは
生徒の好みなので
完全に一致するわけがないからです

私が考えていることは
できるだけ伝わるようにしますが
どこまで受け止めるかは
生徒が決めることだからです


そうすることで生徒はもちろん
私自身もたくさんのことに気づき
考えが変わってきました

その変化が私にとっても
とても大事な財産です

罰を与えてきたのであれば
いまの私はいません


そんなわけで私には
体罰はもちろん
どんな罰も必要ないのです