ていねいにスラスラと

おかだ式計算プリントシステムの開発者のつぶやき

正しい言葉を使いたいのです

小人


私は
協同組合国立旭通り商店会の
おたよりの編集をさせていただいています

年に1度くらいの発行で
今日発行しました

以下はその編集後記です

   *    *    *

福島第一原発の爆発事故で
専門家や電力会社の
「事故は絶対に起きない」という言葉は
もはや信じられなくなりました

福島県だけでも
まだ一五万人以上の人々が
避難生活を強いられています


また政府やマスコミは
大事なことを隠し続け
平気で嘘をつくこともわかりました

爆発を「爆発的事象」

五年後に病気が増えそうなら
「ただちに健康に影響はない」

一日に二億ベクレル以上もの放射能
漏れ続けていても
冷温停止状態」

次々と新しい言葉を生み出し
都合が悪いと
「検討します」でおしまい


嘘や隠し事は
原発報道だけではありません

「インフレ目標によって物価が上がっても
賃金がそのままなら
深刻な不況になる」

「貿易額では
日中は日米の二倍くらいなので
日中紛争による経済的打撃は
計り知れない」

「日本が核武装すると
核不拡散条約脱退につながり
北朝鮮並みに国際的孤立につながる」

といった報道は
あまりありません

「一人ひとりが正しく言葉を使って
自分の頭で考えることが求められている」
と思う今日この頃です

   *    *    *

商店会の会員さん向けのお便りですが
読んでみたい人は ⇒ コチラをクリック