ていねいにスラスラと

おかだ式計算プリントシステムの開発者のつぶやき

かけ算の文章題の不思議


りんご


小学校2年生の問題です


【問題】

 おさらが 5枚 あります。
 1さらに りんごが 3こずつ のって います。
 りんごは ぜんぶで 何こ あるでしょう。


それに答えて

【しき】
 5×3=15

【こたえ】
 15こ

と書くと
しきには × 
答えには ○ 
がつくそうです


正しい【しき】は

 3×5=15

だというのです


その理由は
次のようなお話で
かけ算を教えたから
ということのようです


 「おなじものが何こかずつあるときは、
  “かけざん”というものをつかうよ」
 「2こずつ、5つあるときは、
  “2×5”というしきになるよ」
 「“ひとつあたりの数”דなんこぶん”
  ということだよ」


なるほど

一皿に3個ずつりんごがあって
お皿は5枚あるから式は

 3×5

だということですね


その考え方もわかりますが
お皿が5枚あって
1皿に3個ずつ乗せたと考えて

 5×3

でも
何の問題もないと思います

この式を書いたのが
子どもの私で
先生に間違いだと言われたら
いくら説明されても
たぶん納得はしないでしょう
 
  〜 つづく 〜