ていねいにスラスラと

おかだ式計算プリントシステムの開発者のつぶやき

目的にしばられない集まり


国技館ののぼり


1月10日(月)は
第12回「311後の生き方を考える会」でした

私自身は
福島第一原子力発電所の爆発事故の後始末は
とてもむずかしいと思っています

一応の「冷温停止状態」といっても
冷却水が動いているのは仮設のパイプで
ポンプもときどき調子が悪くなっているようです

いつこわれて冷やせなくなっても
不思議がない状態で
今日も綱渡りといえるかもしれません


また対応に当たっている東京電力
一つの営利企業ですから
儲けにもならない後始末に
全力を尽くすのはむずかしいでしょう


なんらかの事情で
別の原子力発電所
福島のような事故が起これば
何からどう手をつけるべきかも見えていません


ですから
福島の後始末について
ある程度のメドがたつまでは
いま動いている大飯原発も含めて
すべての原発をまず止めるべきでしょう

そしてどんな欠陥があるかを
しっかり調べた方がいいでしょう


また使用済み核燃料の処理とか
高レベル放射性廃棄物=死の灰
数万年以上つきあう方法を考え
少なくともその第一歩をすすめることも
原発を再稼動する前にすべきでしょう

私はそんな風に考えています



けれどもこの会は
そういった原発政策や
今後の展望を検討する会ではありません

私自身は原発の専門家でも
政治家でもありません

なんらかの運動をする気もありません


それでもあの事故の後では
ただの市民として生きるとしても
原子力とは無関係ではいられない
と思うのです


この時代の一市民として
どう生きていけばいいのか
そのための情報や意見を交換しあいたい
と思って始めた集まりです


そんな会なので
原発と関係のない話にも
どんどん脱線します

10日には
春になったらお相撲の見学に行こう
という話が決まったくらいです