ていねいにスラスラと

おかだ式計算プリントシステムの開発者のつぶやき

ヤル気とヤリトゲル気とは違う気なのだ

ピアノの鍵盤



好きなことや得意なことを
わき目も振らずにやっていると
ヤル気があると思われるかもしれません

でもそんなヤル気がずっと続くことは
めったにありません


自分から習いたいと言い出して
ピアノを習い始めれば
最初の1週間くらいは
何も言われないでも
家でも練習するでしょう

それでも半年もすれば
稽古の日以外は
親から言われなければ
ピアノの前に座らなくなる

たいていのヤル気が持っている力は
それくらいのものなのです

たいていのヤル気は
小さな自分自身の
気持ちに
支えられているからでしょう


1年、3年、5年10年と
一つのことに取り組み続けるには
ただのヤル気ではなく
ヤリトゲル気持ちがいるのです


ヤリトゲル気持ちは
自分一人の利益や気持ちではなく
より大きなものに支えられたものでしょう

それは家族や友だち
生まれ育ったまちといった
より大きなつながりと本当のことに
支えられたものなのでしょう



※ この記事を読んだ意味があれば ⇒