ていねいにスラスラと

おかだ式計算プリントシステムの開発者のつぶやき

急な変化は身体に悪いと思うのです


人間関係に
特効薬はありません

からまる樹


世の中には
「本気で語り合えばわかりあえる」
などという人がいますが
たとえ親子の間でも
それほど単純ではありません


自分のことを思い出したら
すぐにわかると思いますが
小学校も高学年になれば
親に言えない秘密が
山のようにあった
のではないでしょうか?


しかも
親子の間がギクシャクしているとしたら
半年やそこらで
気持ちよい会話が戻ってきたら
それこそ奇跡です


毎日のささいな変化に目をやり
結果を求めずにいろいろ実験してみて
行ったり来たりしながら
少しずつほぐれていけば
それで十分だと
私は思います




※ なかなか思うようにならない子どもと
  もう少しラクにつきあいたければ ⇒
 コチラへ