ていねいにスラスラと

おかだ式計算プリントシステムの開発者のつぶやき

ヤル気がなくなるのは 予定通りのことです


ロッククライミング



まなびばで学びはじめると
はじめはすぐにできるようになることに取り組むので
できなかったことが次々にできるようになります

できなかったことができるようになるのは
楽しいことですから
はじめの内は学ぶことがうれしくてたまりません


けれども学習が進めば
プリントの内容はむずかしくなります

最初は同じプリントに
2〜3枚も取り組めば合格できますが

だんだん合格できるまでに
必要なプリントの枚数が増えていきます

10枚20枚は当たり前で
40枚くらいかかることもあります

毎日1枚なら一ヶ月以上も
同じことに取り組むことになります

それはとても楽しいことではありません


そうなるとほとんどの生徒が
毎日プリントに取り組めなくなります

ささいな言い訳を探しては
自分のなまけ心を正当化しようとします


そうなったときに
ヤル気がないとかなまけてると
責めないのがまなびばです

楽しくなくてもやるべきことをやるという
学ぶカマエを養う時期だからです

どうしたら毎日できるだろうか?

毎日できないとしたら
どういうやり方があるだろうか?

そんなことを一緒に考えあうのが
まなびばの先生の仕事です


※ ランキングに参加しています
読んだ意味があったら、ポチッとしてくださると、うれしいです ⇒