ていねいにスラスラと

おかだ式計算プリントシステムの開発者のつぶやき

後かたづけという考えを 形づくるために

子どもはインスタントラーメンでも
自動販売機でもないのですから
手がかかるのが当たり前だし
手をかけることに楽しみがあるのです



自動販売機


後かたづけをしないで別のことを始めたときに
「後かたづけをしなさい」言うだけで
いつでも後かたづけができるようになった子どもを
私はこれまで一人も見たことがありません

おそらく「後かたづけ」という考えが
頭の中にないのではないかと思っています

ご飯を食べるとか
お風呂に入るとか
一つひとつの事ごとに
どうして後かたづけをするのかを
ときどき説明することと
後かたづけにつきあうことを
何度も何度もくり返して
「後かたづけ」という考えが少しずつ
子どもの中にできあがっていくのでしょう


それは何をさせるかと同じかそれ以上に
どんな思いをめぐらせるかに
心を配ることでもあります

※ ランキングに参加しています
読んだ意味があったら、ポチッとしてくださると、うれしいです ⇒