ていねいにスラスラと

おかだ式計算プリントシステムの開発者のつぶやき

ふつうの日を大事にしたいものです

火事場の馬鹿力を出していいのは
いざと言うときとお祭りだけです



集中力と学ぶ心を育む塾まなびば国立駅南口徒歩5分-アカマンマ



火事場の馬鹿力という言葉があります

いざと言うときになると
日頃は考えられないほど
力を出してしまうことです

スポーツ選手が
試合に備えて調子を上げるように
10分くらいの時間なら
いつもよりウンと力を出すことが
誰にでもできるのです

けれども
そんながんばりは
長続きするものではありません

だから
がんばりすぎないことが
とても大事なのです



※ ランキングに参加しています
読んだ意味があったら、ポチッとしてくださると、うれしいです
 ⇒