ていねいにスラスラと

おかだ式計算プリントシステムの開発者のつぶやき

漢字の書き方も一度には伝えられません


集中力と学ぶ心を育む塾まなびば@国立駅南口-石碑の漢字


まなびばで漢字を覚えるとき
一番大事にしていることは
まっすぐな線はまっすぐに
止めるところは止め
ハネるところはハネ
ハラうところはハラうことです

つまり漢字の形です
上手な美しい字は求めず
時間がかかっても
ていねいで整った字を書くことを
うながします


小さい子どもの場合は
それほど苦労しなくても
私のメッセージが伝わりますが
小学校三・四年生くらいから上になると
なかなか手間がかかります


乱れた字しかかけない子どもに
私がまず言ってみるのは
「横の棒だけはまっすぐに書こうよ」
です

それだけで大分カッコウがついてきます

だいたい横の棒がまっすぐになってきたら
「次は角をしっかり曲げてみようよ」
です

ほとんどの子どもが
右上の角を丸く書いているからです

横の棒と角ができるようになったら
縦の棒
そしてハネ
と一つずつ整えていきます



めざすことを絞りこまずに
ただ「ていねいに書きなさい」
と言うだけでは
いつまでたっても
乱れた字を書き続けることになります



※ ランキングに参加しています
読んだ意味があったら、ポチッとしてくださると、うれしいです
 ⇒