ていねいにスラスラと

おかだ式計算プリントシステムの開発者のつぶやき

小さい子どもを説得してはいけません


橋


数学の証明問題が苦手な子どもが多いのは
先生の教え方が悪いせいでも
子どもの勉強がたらないせいでもない
と私は考えています


子どもたちと話していると
論理的な話が通じるのは
早い子どもで中2の終わりくらい

遅い子どもでは高2でも
気分でしか話が伝わらないからです


ものごとを論理で考えることそのものが
中3の子どもでもやさしくないのです

数学の証明問題を解くのは
論理を重ねて答を引き出すことなのに
中2で教えることになっているので
苦手な方が自然だろうと思われます


ましてや
小学校低学年の子どもを
説得していうことを聞かせようなどとは
絶対に思いません

小さな子どもには
態度と気迫で迫りつつ
わかる範囲でわかればいい
という態度で向き合おうと
心に決めているのです



※ ランキングに参加しています
読んだ意味があって、ポチッとしてくださると、うれしいです ⇒