ていねいにスラスラと

おかだ式計算プリントシステムの開発者のつぶやき

50年後の日本は明るい

ものしり博士の雑談教室-ご来光


福島第一原子力発電所の事故は
まだ終わってはいません

東京電力の発表でも
毎日2億ベクレルくらいの放射性物質死の灰)が
もれ続けているからです

2年前までなら
1億ベクレルももれたら
一面トップの重大ニュースでした

それが日常になったのです


福島第一原子力発電所には
広島に落とされた原子爆弾
1万発分以上の死の灰があります

そのごく一部がもれたのが今回の事故です


原子炉も燃料も
設計した時とは
まったく違う形になったので
その後片づけには
想像もつかない時間と労力が必要です


もちろん後片づけをしたところで
電気はもちろん
使えるものは何もできません

まったく生産的ではないことに
ものすごくたくさんの人とモノを
注ぎこまなければならないのです


そんなことは
常識的な経済活動ではムリです

日本中の
ひょっとすると世界中の
人々の善意を集めきらないと
後片づけはできないかもしれません


それをやろうとすることは
資本主義=なんでもお金で計るやり方を
超えることではないかと思います



福島第一原子力発電所の後片づけは
世界中の人が知恵を絞って
お金がカタキの時代を超えるために
神様がくれた宿題ではないのか


私はそう思います


その宿題を済ませた
50年後の日本は
きっと明るいことでしょう