ていねいにスラスラと

おかだ式計算プリントシステムの開発者のつぶやき

受験に出る問題には 答があります

東大



夏休みに入り
受験勉強をはじめなければと
本気で考え始める中学三年生が
少しずつ増えはじめるころです

基本的な読み書き計算ができていれば
中3の夏休みから真剣にやれば
ある程度の結果は出せます


基本的な読み書き計算を
具体的に言うと

国語の読み書きは
小学校の漢字が読めて書ければ
だいたい大丈夫です

計算力は
小5レベルの分数計算と
中2の連立方程式が解けること

英語の読み書きは
単語数にすれば800語程度
文法事項は be 動詞と一般動詞の区別
名詞の複数形と動詞の変化が使いこなせる
といったところでしょう


言いかえると
中3になる前に
それだけやっておけば
8月からスパートをかけても
かなりののびが期待できます

なぜなら
受験に出る問題には
みんな正解があるからです
  



 読んだ意味があれば
  ↓↓ ポチっと