ていねいにスラスラと

おかだ式計算プリントシステムの開発者のつぶやき

しょう乳石は100年で1センチ伸びます



A君は小学校に上がるとき

特別支援学級に入ることになりました

小学校3年生のときから
私と一緒に地道にコツコツと
自分ができないことに挑戦し続けてきました

小学校6年の時には
足し算引き算の筆算がスラスラできるようになり
小学校3年生までの漢字は完璧でした

そして支援学級の先生が
Aくんなら普通学級でも大丈夫かもしれない
と言ってくださったのです


中学から
普通学級で学びはじめたA君ですが

なんとか3年間通い続けて
普通高校に合格してしまいました

しかも最底辺校ではありません




高校に入るときに

まなびばでは割り算と小六の漢字まで進んでいました

高校の授業が分かだろうか?

と不安だったようですが
この1学期の期末テストでは
苦手だと思っていた数学で86点も取ってしまいました

私が彼に提案したのは

よほどのことがない限り

毎日一枚のプリントに取り組み
自己採点することだけです

しょう乳洞ができるように
じっくり学んできただけです



私は
できるだけ毎日続けることと
自己採点して自分で評価することが
ものすごく大事だと思っています



  〜 軽度発達障害をどう考えるか (4) 〜