ていねいにスラスラと

おかだ式計算プリントシステムの開発者のつぶやき

コンバット

子どものころ
アメリカのドラマをよく見ていました
コンバットもその一つです

悪いドイツ軍を
良いアメリカ軍がバタバタとやっつけて
気分良くなるドラマでした

ドイツ軍は本当に良く死ぬのに
アメリカ軍はめったに死にません
そんなものかなぁと素直に信じていました
だってアメリカ軍は正しいのですから

コンバットが放送されたのは
1962年から1967年
1965年にベトナムでは
アメリカ軍による無差別爆撃が始まっています
アメリカ軍がベトナムで使った爆薬の量は
太平洋戦争の100倍を超えると言われています

それでもアメリカ軍は
正義の軍隊だと思っていました
日米同盟で日本を守ってくれているのですから