ていねいにスラスラと

おかだ式計算プリントシステムの開発者のつぶやき

核融合を夢見ていました

  〜 原子力について 〜 (1)

原子力は夢のエネルギーでした

私は白黒の鉄腕アトムを見て育ちました


人間は
いずれ枯渇する石油にたよらず

核エネルギーをあつかうようになると思っていました


ただし
核分裂はだめだと思っていました

というもの核分裂
ものすごくたくさんの死の灰を作り出すからです


問題は死の灰です

当時も今も
人間が実用化できた原子力発電の原理は
ウラン235の連鎖角反応です

原子としては限界に近いほど大きいウラン原子核
いちばん小さな水素原子より小さい中性子をぶつけ
二つに割ってエネルギーを出します


大きなウランが二つに分かれるので
どのように分かれるかはそのときの運です

いろいろな組み合わせのいろいろな原子が
一回の反応のたびに二つずつできます

何ができるかはやってみないと分かりません


この得体の知れない分裂原子の集まりが
死の灰です


死の灰の正体

死の灰の大半は数億年くらいたつと
いろいろな核反応をしてなくなります


人間の手を借りずに
死の灰が生まれたのは
地球が生まれる前の話で
50億年以上前のことです

この古い死の灰
生まれてから50億年もたった
人間が核エネルギーに手をつける前の地球には
ほとんど残っていませんでした


人間が作りだした新しい死の灰
煮ても焼いても
あと数億年はなくなりません

そして強い放射線を出すので
地球上のすべての生き物に毒なのです

化学物質の毒なら
数年もすれば
自然に化学反応を起こして
別のモノに変わり
毒は弱くなります


どうして核融合だったのか

原子炉を一年動かすと
広島原爆が出した死の灰
1千発分ができます

十年で1万発分です

核分裂を使って発電するのは
人類の自殺行為だと思いました


けれども核融合なら
わからない原子は生まれないので
死の灰の量は大したことはないだろう

そう思った私は
理学部物理学科に入り
核融合の実現をめざしたのです